通信

Thaneは、インターネット、衛星、携帯電話などのテクノロジーに関連した特許主張に対する会社の弁護を日常的に行っています。  法律家としてこの分野では、非侵害および無効の抗弁の準備、早期和解交渉への参加、裁判への訴えなどの経験を積んでいます。  彼は、こういった技術を活用した製品を取り扱うクライアントに頻繁にアドバイスを提供しています。  彼の業務関連プロジェクトには、特許ポートフォリオの作成、売却、購入などが含まれます。 通信分野における特許訴訟業務では、年間売上約10億ドルの製品を対象とした案件に取り組みました。

代表的なクライアントには、Hughes、Autobytel、京セラ、Nagra Kudelski、ソニー、Marconiが挙げられます。

素材および製造関連の代表的な訴訟案件

Blue Spike LLC v. Huawei, et al.
U.S. District Court for the Eastern District of Texas

Android OSのアドレス空間レイアウトのランダマイズ機能に関する複数特許の主張でスマートフォン設計者を弁護。この訴訟は現在係争中です。

Smart Audio LLC v. HTC Corporation, et al.
U.S. District Court for the District of Delaware

スマートフォンで使用される音声ソフトウェアに関する複数特許の主張で弁護を担当。この訴訟は、クレーム解釈後に有利な条件で決着しました。

Datascape v. Kyocera Wireless Corp.
U.S. District Court for the Northern District of Georgia

デジタルコンテンツのダウンロードおよびフォーマットに関する複数特許の主張でスマートフォンメーカーの弁護を担当。この訴訟は、有利なクレーム解釈および再審査裁定を確保した後、非常に有利な条件で決着しました。

ParkerVision Inc. v. InfoSonics Corp.
U.S. District Court for the Middle District of Florida

ブロードバンド通信のEM信号のアップコンバートおよびダウンコンバートに関する複数特許訴訟で被告側を弁護。別件で上訴してから間もなく、この訴訟は棄却されました。

Bell Communications v. Marconi Communications Inc.
U.S. District Court for the District of Delaware

電気通信機器、インターネットプロトコル、同期光ネットワーク(SONET)、Ethernetスイッチングテクノロジーに関する複数特許訴訟でMarconiを弁護。法廷で有利なクレーム解釈判定が出されてから間もなく、この訴訟は決着しました。

Personal Audio LLC v. HTC Corporation, et al.
U.S. District Court for the Eastern District of Texas

スマートフォンのオーディオ再生リスト機能に関す複数特許訴訟で弁護を担当。クレーム解釈および証拠開示について争ってから間もなく、この訴訟は有利な条件で決着しました。